お仕事・制作のご依頼についてはコチラ

イラストに関する料金の考え方

2020 6/16
イラストに関する料金の考え方
めちゃんのアイコン画像めちゃん

こんにちは!イラストレーター兼デザイナーのmechanです。
今回は制作に関する料金の考え方について解説していきたいと思います。

この記事では制作に関する料金の考え方について書いているため、実際の料金は記載しておりません。

イラストの値段を決めるには様々な条件が関わってくるので、一概に一枚いくらです!と紹介するのはなかなか難しいです。

ですが、イラストを依頼したい方の不安が少しでも解消されるようにこちらの記事でまとめていきたいと思います。

contents

イラスト料金の決め方

めちゃんのアイコン画像めちゃん

イラストレーターさんによって価格の決め方は様々なのですが、今回は私の場合の価格設定に関する説明していきます。

まず、考慮する条件は以下のようなものです。

イラストの料金決めに考慮する内容
  • 使われる用途・媒体
  • サイズ
  • 使用期間
  • 予算
  • 使われるサービスや商品の規模
  • イラストの制作難易度
  • 納期
  • 依頼件数(1点or複数点)
  • カラー(モノクロorカラー)

このような項目をもとに、様々な条件をお伺いして案件ひとつひとつに適正な価格を算出しています。

イラスト制作の料金の構成

私の場合、イラストの料金構成は大きく分けて2つあります。

通常依頼

通常のご依頼の場合、費用は大まかに、制作費+使用料で構成されています。

製作費=絵を制作する時間や制作難易度にかかる料金
使用料=使用媒体や使用期間などによって変動する料金

めちゃんのアイコン画像めちゃん

同じイラストでも使用期間やサービスの規模によっても料金は変わってきます。

※料金には打ち合わせにかかった交通費なども含まれます。

二次使用

イラストにお金を払ったからといって、その絵を色んな媒体に使用するのは著作権違反になります。

webサイト用に描いたイラストを、SNS広告やアイコン、アプリなど、別の媒体で使用したい場合は必ずご相談くださいませ。

めちゃんのアイコン画像めちゃん

二次使用料をお支払いいただけばご使用できます!
私の場合、二次使用料は制作費の50%を頂戴しております。

著作権譲渡NG

めちゃんのアイコン画像めちゃん

著作権譲渡はしておりません!

基本的に著作権を譲渡しているイラストレーターは少ないです。

キャラクターなど著作権を譲渡しないと非常に使いづらいものは著作権を譲渡しています。

その代わり費用はかなりかかります。

「使用料」とは?

イラストの使用料とは、イラストを使用・掲載した期間にかかる料金のことです。 

なぜ、制作人は別に使用料がかかるのか?

イラストを使用するほとんどの場合が『商品やサービスに対して人の目を引くため』かと思います。

実際イラストを入れるだけで集客率は何倍にもなります。

つまり、イラストが使用されている間は集客効果を得ることができるということになります。

逆に、イラストの掲載期間が終了すれば、そのイラストからの集客効果はなくなってしまいます。

要するに、イラストによって得られる集客効果の分だけ「使用料」もかかってくるということになります。

制作費の変動について

イラストは書き込み具合・制作難易度によっても料金が変わってきます。

イラストの料金変動に関係する内容
  • 人物・キャラクターに動きがある
    立ち姿<歩く・走る・踊るなど
  • 人物・キャラが複数
    一人<複数
  • イラストのタッチ・書き込み
    シンプルな線画<書き込みの多い細かいイラスト

他にもありますが、このような項目でも料金は変動してきます。

お見積りはの際にいくつか必要な情報がございますので、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

contents
閉じる